「ナスカ地上絵」言いたい放題 その2《2016.11.06》

シッチーさんの投稿です。 その1 その2 その3 その4


地上からは見えない図形だから、
空からくるモノたちのためという説があります。
 しかしこれは「どうして動物や人の画が必要なのか?」
 という問いに答えていません。
  本当に「目印」が必要であれば大きく〇でも×でも描けば
  十分なはずです。


nazca2-01.jpg

おそらく、
紀元前から7〜800年くらいの長い期間で描かれたのでしょうから、
 宇宙人と交流があって歓迎するのであれば、
 相手の星の事物を描くように思います。
  もしも描かれている生き物が異星のものならば、
  なんとも地球産にそっくりですから、
 宇宙人自体もかなり地球人に似ているということでしょうか。
 最近 流行りの「汎スペルミア」説の傍証になるかも:笑


この長い期間に宇宙人はナスカ人に「車輪」も教えることなく、
巨石の加工技術だけ伝授した?
 根気よくノミとタガネでガツンガツンと岩を「四角」くする
 ことだけを教えた?
 通称「12角の石」なんかはもはや職人芸を超えていますよね。
  たしかインカ文明には「鉄の製品」は
  存在していなかったように記憶しています。


ただ一方で本当にレーザー光線以上の強力なエネルギーを
使わなければできそうもない巨石群や岩の切り抜き加工も
存在していることはたくさんの事例が報告されています。
 レーザーのような「高熱」による加工であれば
 石の切り口がガラス状になるでしょうが、
 巨石群でそういう特徴的なモノが見つかったとも
 聞いておりません。


いくらなんでもナスカ人がレンズで太陽光線を収束して
千度以上の熱を得ていたという説よりは宇宙人の方が
まだ現実的な気はします。


私が言いたいことは、この画を宇宙船の着陸の目安にしたとか、
 滑走路であったとか、 あるいはあの線を延長するとどこかの
 古代文明にたどり着くから宇宙人がこの線を飛行用の
 航路にしていたなどというものは、
 通常の見識で否定される範囲のことだと思います。


nazca2-02.jpg

エイリアンがロケット(滑走路が必要な乗り物?)の中で、
地上に引かれた線を見つめて
「おい まっすぐに飛べよ! この線の上をいけばエジプトだから」
なんて 想像すると思わず吹き出します。


 第一 どうやって「まっすぐ」な線を地表に引くのか?
 なん千キロも球面収差を無視してですが、
 海の上はどうするんでしょうか?
  宇宙を航行する種族ならせめてGPSくらいは
  持参しているでしょうし、滑走路を必要とする
  乗り物を利用していたとは思えません。


nazca2-03.jpg

ナスカ平原の土には多量の硝酸塩が含まれている。
 それを宇宙人が掘り出して硝酸を精製し、
 固体燃料ロケットの燃料に加工して飛んでいる?
  ならば精製工場でもあったのですかね。
  もしくは「兵器」に使用したのであれば
   「火薬」でしょう。 ずいぶんと原始的な「宇宙戦争」ですね:笑


その1 その2 その3 その4



kiti30g.gifhttp://kiti.main.jp/