Prescott2.4A@4G!?《2004.3.4》

最下位モデルのプレスコットで空冷4GHzに挑戦


《CPU》
P子2.4A、倍率が18倍と高いため4GHzOverに挑戦したくなりました(^^;

Image01.jpg
フィリピーナです。

箱入りなので、P子用の強力クーラーが付属しているのも手軽でいいです。
モーターも0.44アンペアと強力。

Image02.jpg

ぶっとい銅柱をフィンが取り囲む構造です。
Image04.jpg

ヒートシンクに貼られているフィルム状のシリコングリスは、
市販の白いグリスより高性能なので、そのまま使ってOKです


《メモリ》
今回は安くて高性能なA-DATAのPC4000(DDR500 CL3)を使用。

Image06.jpg

FSB222ではCL2で動作しました。
Image07.jpg

《電源》
ABLCOM SP401-RA 12V(右)12Vは28A。

Image13.jpg

《オーバークロック》
マザー:ASUS P4C800
メモリ:A-DATA PC4000(DDR500) 512MBx 2(CL2で使用)
BIOSでクロック設定してWinを起動しています。


設定

クーラ

状況

FSB200
3.6GHz


1.500V

付属クーラ
(ケースクローズで安定)

Image08.jpg

全ベンチ完走
crystalcupid
SuperPI 38秒

FSB211
3.8GHz


1.525V

付属クーラ
(ケースオープンで安定)

Image09.jpg

全ベンチ完走
crystalcupid
SuperPI 39秒
むむー3.6Gより
パイが遅い(^^;

FSB222
4.0GHz


1.600V

付属クーラ
(+強力ファンでも不安定)

Image12.jpg

パイは焼けました
crystalcupid
SuperPI 37秒


3.6GHzは普通に使えそうです。う〜ん3.6GHzに化けるだけでもスゴイ(^^;

tyui.gif他のPrescott2.4Aでの動作を保証するものではありません


不思議なことに何度やっても3.6GHzの方が3.8GHzよりパイが速いんです。
FPUがトチ狂ってるのかとも思いましたが、4.0GHzは一番速いし・・
・・と思っていたところ、
大箸の部屋の大箸さんからコメントを頂きました。

経験的な話ですが、ASUS P4C800系のBIOSは、FSB200MHzで起動すると
メモリーのタイミング設定が特別設定(?)になるのか、少し速くなるようです。


FSB200(3.6G)で立ち上げた後、SetFSBでFSB211(3.8G)に上げると、
SuperPI 36秒・・何と3秒アップ!大箸さん感謝(^^)/


3.8GHzまでの壁は高くありませんが、4.0GHzは空冷ギリギリです。
1.35アンペアの超強力8CmDELTAファン(左)で増風して、なんとかパイが焼ける状態でした。
ヒートシンクから熱風が噴出します(^^;

Image10.jpg

《メモリ性能》

・sandra cache&memory

xeon2.4/533との比較。
P子2.4 
crystalcupid xeon2.4 crystalcupid
Image1.gif

ウワサ通り、キャッシュが遅くなっています。特にL1が・・
しかし、L2の容量が多いので、512KB〜1MBの領域を頻繁にアクセスするソフトでは、
確実にP子が速いでしょう。


《ベンチマーク1(コア系)》

ベンチマーク共通環境

マザー:ASUS P4C800
メモリ:A-DATA PC4000(DDR500) 512MBx 2(CL2で使用)
グラフィックボード:RADEON9700Pro(AGP4倍で使用)


定格のP子とオーバークロックしたP子(3.8GHz)
参考のため
xeon2.4GHz/533を単発&HTオフで使用



・HDBENCH3.30
Image2.gif

キャッシュの遅いP子が遅いと思ったら、整数演算が速いです(^^;
定格のP子とオーバークロックのP子の差は、クロック比通りです。



・sandra CPU
Image3.gif

これはHDBENCHと逆にP子は整数演算が遅いです。

《ベンチマーク2(計算系)》

・SuperPI(104万桁)
Image4.gif
経験則からSuperePIはメモリの速度が効いてきますので、
P子が速いのはDRAMの設定の差(xeonはCL2.5、P子はCL2)でしょう。



・Shade (Nyuruベンチ)
Image5.gif

ShadeはSuperePIに比べるとキャッシュ速度の影響が大きいようです。


・CINEBENCH 2003 v1
Image6.gif
これもキャッシュ速度の影響が大きいようですネ。

《ベンチマーク3(3D系)》

・3DMark03(3DMark Score)
Image7.gif

さすがに重いベンチなのでグラフィックカードの性能が支配的です。
P子が速いのはもしかすると1MBキャッシュの効果!?


・3DMark03(CPU Score)
Image8.gif

軽いCPUテストではグラフィックカードの呪縛が解けて差が付きます。
P子速いですネ!(^^


・3DMark2001SE(3DMark Score)
Image9.gif

一世代前の3Dベンチなので、RADEON9700Proに余裕があるのか、
CPUでけっこう差が付きます。


・AquaMark3
Image10.gif

・FFベンチ1
Image11.gif

・FFベンチ2
Image12.gif

P子3.8GHzでは、初めて体験する滑らかなチョコボの行進に感激(^^

キャッシュが遅いと言われるP子ですが、3D系では同クロックのxeonより速いです。
(1MBキャッシュの効果か、DRAMの差か、チップセットの差か不明ですが^^:
最下位モデルでも、なんとか空冷4GHzが拝めました〜(^^



kiti30g.gifhttp://kiti.main.jp/