00007242
不思議板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名
コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

なんか ヤバくねぇ 投稿者:シッチー 投稿日:2017/12/04(Mon) 15:46 No.272  

先週の土曜日です。
 実に良い天気で、部屋の中からぼんやりと 外を眺めていたら
  なんと  2本のまぶしい光線が!!

 思わず 携帯で写真を
  これです



Re: なんか ヤバくねぇ シッチー - 2017/12/04(Mon) 15:47 No.273  

こちらに迫ってくるようで
  うわわ
  どんどん眩しくなって



Re: なんか ヤバくねぇ シッチー - 2017/12/04(Mon) 15:52 No.274  

なんちゃって  アブダクションです

 これは間の「網戸」のせいですが、
こんな感じのアブダクションといわれる 画像をたまに見ます。

 アメリカでは人口の2%、370万人にもなるという説が
   ありますけれど、そうなるともはや 真贋という問題には
  無理が出ますね。

 現実にさらわれた人はいるのでしょうかね?
  いわゆる「神隠し」もあるいは そうなのかな



Re: なんか ヤバくねぇ きち - 2017/12/09(Sat) 21:19 No.275  

さらわれた人はいないですよ。
それは・・さらわれるといなくなるからです。

これもヤバいねぇ



Re: なんか ヤバくねぇ シッチー - 2017/12/10(Sun) 12:16 No.276  

なるほど!

 食器を落としちまうと
    皿 割れた  なんてね

  アメリカの370万人
 単純計算でしょうが、それほど自称:被害者が多いわけで、
  「911」だって驚かないでしょうねぇ。
  
  「キャトルミューティレーション」はまだ続いているとか
     たまにチュパカブラも登場しますね 



ご意見をお聞きしたいのですが 投稿者:シッチー 投稿日:2017/11/09(Thu) 14:28 No.226  

友人がこんな写真を撮影してしまいました。
 風景を撮影するつもりだったそうです。
  私もいくつか考えてみましたが、矛盾する結論しかでてきません。

 お知恵を貸してください



Re: ご意見をお聞きしたいのです... きち - 2017/11/09(Thu) 17:50 No.228  

撮影機材とシャッター速度はわかりますか?
元画像を右クリックしてプロパティの詳細で表示されます。

ちなみに投稿いただいた画像のプロパティには情報が無く、
フォトショップで編集されたもののようです。



Re: ご意見をお聞きしたいのです... シッチー - 2017/11/12(Sun) 16:21 No.229  

ご返事遅れてすいません。
 また浜松往復してきました。
  フォトショップのことも含めて訪ねてみます。

 とてもまじめな方ですので、なるべくキチンとお答えを
  したいと考えております。

 少し時間をください。



Re: ご意見をお聞きしたいのです... きち - 2017/11/12(Sun) 18:13 No.230  

可能ならば原画(EXIF情報付)をアップいただければベストです。

たぶん、暗かったためシャッター速度が予想外に長くなり、
撮影したと思ってカメラを動かした時点でまだ
シャッターが開いていて光がブレたのだと思います。

強い光は放電系の街灯で、
節ができているのは点滅によるものでしょう。
(ナトリウム灯や蛍光灯は毎秒100回点滅)



Re: ご意見をお聞きしたいのです... シッチー - 2017/11/15(Wed) 20:03 No.231  

私にはさっぱりですが
 その撮影のデータです。送られてきました。
▼メイン情報
タイトル :
メーカー名 : Canon
機種 : Canon IXY 420F
画像方向 : 左上
幅の解像度 : 180/1
高さの解像度 : 180/1
解像度単位 : インチ
変更日時 : 2017:10:26 17:40:37
YCbCrPositioning : 一致
Exif情報オフセット : 224
▼サブ情報
露出時間 : 1.00秒
レンズF値 : F5.6
ISO感度 : 400
Unknown (8830)3,1 : 4
Exifバージョン : 0230
オリジナル撮影日時 : 2017:10:26 17:40:37
デジタル化日時 : 2017:10:26 17:40:37
各コンポーネントの意味 : YCbCr
画像圧縮率 : 3/1 (bit/pixel)
シャッタースピード : 1.00秒
レンズ絞り値 : F5.6
露光補正量 : EV0.0
開放F値 : F5.6
自動露出測光モード : 分割測光
フラッシュ : 発光禁止
レンズの焦点距離 : 17.49(mm)
カメラの内部情報 : Canon Format : 3826Bytes (Offset:742)
ユーザーコメント :
FlashPixのバージョン : 0100
色空間情報 : sRGB
画像幅 : 4608
画像高さ : 3072
ExifR98拡張情報 : 4832
CCD画素密度(X) : 4608000/243
CCD画素密度(Y) : 3456000/182
画素密度の単位 : インチ
イメージセンサー方式 : 1チップカラーエリアセンサー
ファイルソース : DSC
カスタム画像処理 : 通常処理
撮影モード : オート
ホワイトバランスモード : オート
デジタルズーム : 4608/4608
シーン撮影タイプ : ポートレート
Unknown (A430)2,1 :
▼メーカー独自情報
Unknown (0001) : 0060 0002 0000 0003 0000 0000 0000 0004 FFFF 0001 0000 0008 0000 0000 0000 0000 000F 0003 0001 2005 0000 7FFF FFFF 53FC 10CC 03E8 009F 0100 FFFF 0000 0000 0000 0000 0000 0101 0000 1200 1200 0000 0001 FFFF 0000 7FFF 7FFF 0000 0000 FFFF 008C
マクロモード : オフ
セルフタイマ : オフ
圧縮率 : ファイン
フラッシュモード : 禁止
ドライブモード : 1コマ撮影
フォーカスモード : シングルフォーカス
画像サイズ : LARGE
イメージセレクトモード : ポートレート
デジタルズーム : オフ
コントラスト : 標準
彩度 : 標準
シャープネス : 標準
CCD感度 : AUTO
測光方式 : 評価測光
フォーカスタイプ : オート
AFポイント選択 : Unknown (8197)
露出制御モード : イメージセレクト
レンズ焦点距離 : 4.3-21.5(mm)
長秒時設定 : オフ

いかがでしょうか



Re: ご意見をお聞きしたいのです... きち - 2017/11/15(Wed) 22:52 No.232  

露出時間1秒なんですね。
230の私のコメントの内容で間違いないと思います。
裏を取るなら「1秒間以上カメラを静止させていましたか?」とご友人に尋ねてみて下さい。



Re: ご意見をお聞きしたいのです... シッチー - 2017/11/17(Fri) 15:21 No.233  

ありがとうございます。
聞いてみますが おそらく意志がないことによるブレでしょうね
 こんな不思議な写真が撮れるとは。

 後日現場に再確認に行ったそうですが、このような光球は
  とくに見当たらなかったそうです。

私が不思議なのは、光球はほぼ「上下に」のブレ
 遠景は左右に大きなブレ
 これが同時に成立するものかと?



Re: ご意見をお聞きしたいのです... きち - 2017/11/17(Fri) 16:38 No.234  

左の柱の明るさからおそらく光線を左に延長した画像の外に、
ナトリウム灯があることが推測できます。

カメラがなだらかに左に動きその後急峻に左上に動いたことで、
画面外のナトリウム灯の点滅が光体として現れたのでしょう。

他の光線と軌跡が違う理由は、

画面の中から右方向に動いた光源はカメラのなだらかな左の動きの軌跡だけが写ったのに対し、
街灯は他の光が画面の右外に出た後にカメラの急峻な左上への動きで、
左上から画面に入り込み急角度の右下への流れとして写り込んだものと考えられます。



Re: ご意見をお聞きしたいのです... シッチー - 2017/11/18(Sat) 19:04 No.235  

ありがとうございます。

 ナトリウム灯ということは 固定光源ですね。
  つまりこの部分は カメラは下から上に動いたと。

 遠景のマンションの帯状のブレは かなり大きいですよね。
  ということは こちらはほぼ平行に右方向へカメラが。

 これが同時に起こったと考えるから 不思議なんですね。
  まず カメラの光軸は:ということはカメラ本体は
    下から上に跳ね上げられ ついで 横方向の移動へ
   これが1秒の間に発生した   ということでしょうか?

 つまり 光球の弾んだような段差は 遠景の帯光の段差と
   マッチしている?



Re: ご意見をお聞きしたいのです... シッチー - 2017/11/18(Sat) 19:13 No.236  

この光球が弾んだように見える部分が 元のナトリウム灯?
  その部分の光の球の下に 細い棒のようなものが。
    これがナトリウム灯の柱?

  すると ナトリウム灯とカメラの呼応軸を結んだ線は
  上下していることになりますね。

何より不思議なのは 遠景のタワーとか電柱、電線がそれほど
  ブレていないように見えます。
 これは 光源の強さの差でしょうかねぇ?

  ここまで書いて 拡大して見ると タワーも電柱も上下動の
   軌跡がありました。

 まぁ造ろうとして写すのは難しそうですが、偶然ですかね

  光球が放物線を描いているようですが、その横方向の移動が
   遠景では増幅されて 長い光の帯になっている。

 もう一度 最初からイメージしてみます



Re: ご意見をお聞きしたいのです... きち - 2017/11/19(Sun) 01:05 No.237  

元の光源が画面の外にあり手振れで写り込んだということがポイントです。
それ以外に可能性はないので考えてみてください。



Re: ご意見をお聞きしたいのです... シッチー - 2017/11/23(Thu) 14:45 No.239  

お陰様でイメージできました。
 完全にとはいきませんがかなり 大丈夫です:笑

 このが画像を拡大してみると ずいぶんとはっきりしました。
  とくに タワー中断の明るい部分の「移動」が
  このブレの移動の複雑さをあらわすように 三角形に
   動いた軌跡があります。

カメラのことはよくわかりませんが、1秒というシャッターの
  時間の中で おそらくきちさんが言われるように
 左側にあった強い光源:ナトリウム灯? がキモですね。

 撮影者は最初のアングル決めで、強い光が写りこむことを嫌い
  フレームの左側 ギリギリの外側に位置させた。

 シャッターを押して ほぼ1秒、固定されて動かなければ
  そのままピントが合った写真になった    はずが
 最後のごくわずかの時間に「ブレ」たために
  ほとんどシャッターが閉まる 寸前に光球として
   ブレ運動の軌跡とともに写りこんだ。

 この光球が 単独のものでない証拠は
  後ろ側の「電柱」の端のズレが同じ 軌跡を描いていること


 そんなところだと 思います。  よろしいでしょうか?



Re: ご意見をお聞きしたいのです... シッチー - 2017/11/23(Thu) 17:42 No.240  

撮影者から
 納得しました。お知恵を借りた方にはくれぐれも
  よろしくとの 伝言を頂いています。

 これにて 一件落着   ででんでんでん  良かったです

 今度のことで、私的に写真の画像についてとても勉強に
  なりました  ありがたいことです。
  ここまで真剣に取り組んだことがありませんでしたので
    感謝いたします。



人の意識は宇宙と繋がっている? 投稿者:きち 投稿日:2017/07/18(Tue) 21:25 No.213  

意識はこの世にとどまり存在し続ける・・
この説は私が子供のころから考えていた世界に近いです。

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e3%80%90%e3%82%ac%e3%83%81%e3%80%91%e2%80%9c%e9%ad%82%e2%80%9d%e3%81%af%e5%a4%a9%e5%9b%bd%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%8c%e5%88%a4%e6%98%8e%ef%bc%81-%e8%8b%b1%e5%8c%96%e5%ad%a6%e8%80%85%e3%80%8c%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%ae%e4%b8%96%e3%81%ab%e7%95%99%e3%81%be%e3%82%8a%e3%80%81%e5%ad%98%e5%9c%a8%e3%81%97%e7%b6%9a%e3%81%91%e3%82%8b%e3%80%8d/ar-BBECPNW?ocid=iehp#page=2



Re: 人の意識は宇宙と繋がってい... シッチー - 2017/07/21(Fri) 00:56 No.214  

面白い問題ですね。
 私自身のイメージとも重なる部分が多いように思います。
 ただし肉体はただの入れ物的なところは どうでしょうか?

もしそうであれば、人類の進化の方向性はどうなるのか?
 別にサルのままでもいいんじゃねぇ? :的な

 もうひとつ、意識があるとされる動物はどうなるのか?
  「生命」とは何か? とした場合に 人間とハエの違いは
   犬も猫も死んでも意識が留まる 肯定も否定もしませんが、
そうなると 何が人間とその他の動物の境を決めるのか?
 じゃぁ恐竜は 意識としていまだ存在し続けている?

 いくらでも「?」がでてきてしまうのに「答え」が見つからないジレンマです。
 自分的にですが。



Re: 人の意識は宇宙と繋がってい... 減二 - 2017/07/21(Fri) 23:37 No.215  

真逆の思考実験に意識だけが無くて
普通に考え怒ったり笑ったりする人間が、
理論的には存在できるそうです。

「哲学的ゾンビ」と言うそうですが、
我々の周りにも存在するかも知れません。
こわいですねぇ



Re: 人の意識は宇宙と繋がってい... シッチー - 2017/10/12(Thu) 12:24 No.225  

この問題を考えるときに、やはり「空間」と「時間」というものの本質に
いたります。 ただ「メジャー」と「時計」で計測すればよい
 ということではありませんねぇ。
他の動物はわかりませんが、特にネコちゃんは、人間は部屋の壁を突き抜けて
壁の向こう側へは移動できません。肉体は ということです。

 しかし「意識」はそれが可能でしょう。
あくまでも思考実験イメージですが、人間が全速力で壁に突進する。
 すると肉体部分は壁にぶつかって止まってしまう。
 ならば肉体以外の何が そのまま壁の向こうへと飛ばされるのか?
「意識」という基本的なアルゴリズムに乗った色々なもの、「意志」だとか「記憶」などでしょうか。
 おそらくこの衝突の瞬間にこの人間の「時間」は停止するでしょう。

 壁の向こうに飛ばされた「意識」はそれ以後の「更新」はできません。
土台となる肉体がなくなるのですから。

もしこの「壁」が物理的なものではなくて「死という現象」であったら
どうでしょうか。
 「霊」と「魂」とを分離して考えるという考察方法も否定はしません。
しかし分離しても「壁」と壁の向こうに残された肉体からみれば、
分離しようがしまいが どうでも良いことなのではないでしょうかねぇ。
 つまり「霊」でも「魂」でもそれが情報を更新される見込みはないはずです。

 いいやそんなことはないぞ ちみぃ! というのがある意味の宗教的な説法
でもあり、昨今ではどこかの宇宙の2次元的な投影がこの世界だ なんていう「マルチバース」論まであります。

などということを 思考実験しておりますです  さて事実はどこに
一度死んでみないと本当のことはわかりませんか:笑  やれやれ



どうでもいいようなものですが 投稿者:シッチー 投稿日:2017/10/12(Thu) 11:59 No.224  
現在 ソッチ関係のyoutubeを観ています と書きました。
「ムー」関連が多いのですが、登場されるゲストや論客さんの多さはもとより
「ああ この人も関係者なの、関連してるんだ?」ということがわかります。

 そうすると ソッチ業界の中で「網目構造」や「一種のヒエラルキー」の
存在も気になりました。 まぁ私には無関係な話ですが、自由な発想が
売りの業界のはずなのに 営業として利益が絡むと窮屈そうですね。

 それと情報の出所が限られているような気もしました。



宇宙空間の7人の巨大天使 投稿者:シッチー 投稿日:2017/10/12(Thu) 11:49 No.223  
旧い話ですが、たまたま拾いましたので報告します。
 1984年にソビエトの「サリュート7」の6人の飛行士が宇宙空間で見た
という話です。「サリュート7号の関連」で引くとありました。

 宇宙空間にいるという緊張感が集団催眠のようなものを起こすのか
あるいは本当に存在するのか。米国の飛行士も不思議なものを見た報告が
結構ありますし、飛行機のパイロットにも多いようですね。

月面の不思議と合わせると、なにやら人類には想像もできない現実が並行的に
存在しているのでしょうか?

こんな状態で人類は火星を目指していいのかな。 



3枚の指定席が変化した事例 投稿者:NAO 投稿日:2017/10/08(Sun) 09:37 No.218  

自分に起こった不思議な話、はじめて発表します。
2016年4月29日、新青森から東京行きの新幹線切符3枚の指定席が変化した事例
29日 はやて350号
30日 はやぶさ29号

@自分、父親と叔母の3人分の新幹線切符を3月にネットで注文した時は座席位置は希望しなかったため、当然3枚の席はばらばらで、2枚が同じ車両、もう1枚は別の車両だった。
出発まで何回も席を確認した(父親と叔母は同じ車両の別席、自分は別車両とした)

A切符購入後に叔母に往復切符を渡す(新幹線指定券、新青森東京間の乗車券 往復分@と同じで席に変化無し)

B29日当日新幹線ホームで3人の席を確認すると自分の切符の座席が父親と叔母と同じ車両であり、父親と叔母の席が同じ列
になっていた(ここで変化に気がつく最初受け取った自分の席は同じ車両でないはずなのに?)

C乗車して自分の席へ移動し、父親と叔母の切符を見ると、座席の番号が同列の席になっていた。(父A席、叔母C席)
D再び自分の席を確認(自分の切符を見る)すると父親と、叔母の間B席と切符に書かれていて、そこへ移動した。(また変わった!?)

E結局3人A,B,Cの席となり、東京に着くまで変化しなかったのを確認した(途中何度も切符を見た)
30日帰りの3人分の切符を見ると同じ車両のABC席になっていた

F購入時から叔母に渡すまで席はばらばら、車両もちがっていたが、出発当日29日に同じ車両、同列の席に切符の表示が変化していた。(2段階で変化したのを確認)
 
切符の席を示す印字はどう見ても最初からこうでしたよ?な感じで違和感なし。
変化した乗車券をスマホで撮影しようかと何度も考えたけれどなぜか撮影してはいけない気持が強く、証拠写真は撮らなかった。
車掌による座席の確認は無く(問題なし?)、自分たちが座った席に他の人が来ることも無かった。
帰宅後、予約表を見ると3人分席を指定しない表示のままであった。



Re: 3枚の指定席が変化した事例 きち - 2017/10/08(Sun) 10:45 No.219  

NAOさん、とても不思議な体験談ですね。

皆さんの思いが結果が決まっていた未未を変えた・・
あるいは見えない存在が結果を変えて結んでくれた・・

なにか運命を決める裏の力みたいなものを感じて、
ちょっと鳥肌立ちました。



UFOとエイリアン 投稿者:シッチー 投稿日:2017/10/03(Tue) 12:17 No.216  
先にも書きましたが、youtubeで「居皆亭」のシリーズを観ています。
色々な人の、ある種の哲学みたいなものや、情報?と称するものが面白いです。

ひとつの疑問は、宇宙人に会いました という話も多いのですが、
エイリアンは攻撃的だ  から友好的だ、地球人なんか眼中にない
まで色々です。 そりゃエイリアンだって種族によって あるいは「個人?」
によっても違うでしょうが 違いすぎます。

これは心霊現象の説明も それぞれの人がテンデンバラバラで
  まるでどこかの政党のようです。
「真実」が一つであるのなら、これは腑に落ちません。

従って、それぞれの方の自分哲学だと思って聞いています。
 ある人(おそらく 高野氏だったか?)は、直接に「米国プラズマ研究所」の
所長にあって聞いたら、「プラズマ」と「UFO」は全く関係がないと
言っていた  というのがありました。
  それはそうでしょうね。



幽体離脱の実験 投稿者:きち 投稿日:2017/06/18(Sun) 09:38 No.191  
著作権保護されたコンテンツが無かったのでアップ。http://www.youtube.com/watch?v=UBz2fP8AoOU


Re: 幽体離脱の実験 シッチー - 2017/06/24(Sat) 14:46 No.200  

この実験の公平さ 真実性その他の条件が検証できませんので
 (この画面だけで突っ込みどころ満載ですが)
 そういうことで書きます。

幽体離脱の部分は よく見聞する臨死体験の範疇でしょう。
 自分に経験はありませんが:笑

 面白いのは「熱感知器」。どうして「熱感知器」なんでしょう
  海外の心霊探検でも登場しますが、不思議ですねぇ。

アインシュタインさんも 後年に興味を抱いたとかの話もありました。
 まぁ確かに E=MC2にはなじまないですね。
   大事な「M」がないのですから:笑



Re: 幽体離脱の実験 きち - 2017/06/24(Sat) 15:45 No.201  

タマシイの重さが21グラムという説がありますが、
仮に21グラムだとE=MC2はどのくらいの大きさになりますか?



Re: 幽体離脱の実験 シッチー - 2017/06/24(Sat) 19:11 No.202  

なるほど  21gという説はありますね。
 ただのちの実験では 観測されなかったように聞いています。
 E=MC2を計算すると 光速Cを3×10^5km/secと簡易にして
  21×10^-3 ×9×10^10ですかね
   =189 ×10^7   単位は「kg・km^2/sec^2」
  Nに換算するには km=10~3mとしたほうが良いので
   =189×10^13 {Nm/sec}→{J/sec}ということで

 わずか21gの質量でも、すべてをエネルギーに変換すると
   とんでもない大きさになりますね。
  全部 変換できればですが。
   189gが大きい「梨」くらいだと仮定すれば
  その梨 10^13 個を1秒間で1m持ち合が得るくらいの力ですか
  荒い計算でまちがっているかな



Re: 幽体離脱の実験 シッチー - 2017/06/24(Sat) 19:34 No.203  

このビデオでは 臨死体験とリモートビューイング?の
  二つがからんできますね。

モノを「見る」という行為は、目の網膜に 光というエネルギーを感知して発生する現象ですから、単純に考えると
 この実験では 部屋の内部全部の光情報とサッカーボールから
  反射して 出てくる光情報が  被験者の網膜に入り、
 被験者がその情報を的確に処理をしなければなりません。

そこでそういうことが発生しないように気を配って行ったはずでしょうから、
 実験が適切に行われていれば、この説はないことになります。

 ただし ホテルの部屋というのがまず引っかかります。
 ホテルの部屋の作りは基本的に同じクラスの部屋の作りは同じようでしょう。
 つまり ここですでに被験者に余計な情報を与えてしまっています。 距離が問題ならば ロビー^でも使用すればよいでしょう。
 物理的には見えないはずの被験者にとっては、人の出入りは関係ないはずでは。

 次に考えられるのはこの熱感知器での計測結果です。
  ビデオが事実であれば、別の部屋に熱源が「発生」したことになります。
 
 私はこういう事例を全否定するつもりなどまったくありません。
 ただ自分なりに的確な環境下における適正な実験?によるデータが欲しいだけです。
  そのうえでこれを考察してみるのは楽しいですね。

  もう一つ気になるのは、これは韓国での実験でしたね?
 間に通訳の人が入るのでしょうが、「死生観」のことなる人たちの実験を どれだけ的確に翻訳してくれているのか?
 これは結構大切だと思います。



Re: 幽体離脱の実験 シッチー - 2017/06/24(Sat) 19:38 No.204  

私自身 いくつか不思議な実体験をしていますので、「霊体」の存在は否定しません。

 ただしリモートビューイングに関しては、これは真正であると確信が持てる事例を知りません。

 次にこの熱源が発生したとしての 状況を考えてみますが
  まとめるのに時間が必要かもしれません。

 それでは急用で出かけますので 時間をください。



Re: 幽体離脱の実験 シッチー - 2017/06/28(Wed) 14:47 No.205  

海外の幽霊捜索番組のビデオでは、撮影画面の「ある部分」に
 徐々に「熱点」が出現するタイプ。
 また画面の端の方から 漂い出てくる(ような)出現も見ます。

 つまりこのビデオで考えると、これが真相だとして、
「実験の部屋」から「念による熱源」の「熱点」がドアから出て
 廊下を通り「対象の部屋」のドアを通って ここに出現した。
  まるでプラズマ現象の再現映像で見るような「プラズマ」
   みたいです。

 プラズマだとすれば こういう現象も否定はできませんが、
 普通に考えれば「被験者」が「プラズマ」を発生させた?

しかしそんなかんたんなことで人間が「プラズマ」を発生させるならば
この世の中は「プラズマ」だらけになってしまいます:笑
 危なくって 道路を歩いてもいられません。

プラズマかどうかは別にして 部屋の中に「熱点」が出現した。
  で このビデオの意図は、その熱点が「サッカーボール」を
「見た」ことになると?
 具体的には、サッカーボールからでた「反射光」をその「熱点」が
 キャッチして被験者の情報になった。  ということでしょうか。

   
 



Re: 幽体離脱の実験 シッチー - 2017/06/30(Fri) 13:23 No.206  

↑  ということで、まず通常物理学的なプラズマではないでしょう。

 他に考えつくのは、何らかの「波動」あるいは「振動波」を
  発生させて、
 直接に対象となる「モノ」にぶつける、一種のエコロケーションでしょうか?
 「念写」という現象があります。 月の裏側の念写写真がソックリだった、
 いや全く違う と両論ありますね。

 これも「念」でフィルムを感光させられることと、月の裏顔を観る。 
 という二つの現象に分けて考える方が理解しやすいかもしれません。
 といっても 私には理解ができませんが。

 



ヒアリ 投稿者:きち 投稿日:2017/07/15(Sat) 23:01 No.209  

ヒアリは電気に引き付けられるそうです。
触れずして電流を感じる人もいるようですし、
生命と電気の関係も不思議です。



色治療 投稿者:きち 投稿日:2017/07/10(Mon) 21:37 No.208  

色が持つパワー、不思議な世界です。
http://www.youtube.com/watch?v=GOu_O39kk_k



ビッグバンですね 投稿者:シッチー 投稿日:2017/03/15(Wed) 12:34 No.175  
さてそれでは、「143」の内容をなんとか理解しようと
 努力して見ます。  本気ですよ。
そこで「きちさん」にお伺いを幾つか。

1.この宇宙空間とはどのような状態であるとお考えでしょうか?

 例えば、とっくに否定されてはいますが、「エーテル」のような
 モノで満たされている? それならば一種の媒体的な考えで
  寒天の中を走る「光」というイメージがわきます。
 光が走るそばから 寒天が引き伸ばされるということでしょうか?
 ここがよくわかりません。どういう状況で光が引き伸ばされて
 波長が変化をするのでしょう?

2.距離を比較するときに一番大切なことですが、出発点の
  問題です。
 きちさんは どこで?ビッグバンが発生したとお考えですか?
  つまり物事の中心点はどこでしょうか?
   それは地球から見て どのくらいの距離にあるのか?

この2つの点がハッキリすれば、私もかなり理解ができそうです。
 「視野角」という言葉を確定するのでウィキを引いてみました。
 私は安易に考えていましたが、この視野角を求める式は
  アークタンジェントを含むものでした。
 これ自体は タンジェントの一覧表から算出できますが、レンズの
 焦点距離や歪みはよくわかりません。



Re: ビッグバンですね きち - 2017/05/05(Fri) 11:16 No.180  

シッチーさん

1つめですが、光速度不変で空間が膨張したなら波長を伸ばすしかないのがビッグバン理論です。
ちじれた毛を伸ばすようなもんですかね。
赤方偏移はビッグバンが前提の理論なのでビッグバンが誤りなら不要です。

2つめですが、ビッグバンが宇宙の起源とすればビッグバンの名残の中から地球が誕生したわけですから、
地球からの距離って意味ありますかね?
距離は当然時間(宇宙誕生−地球誕生)に空間の膨張率を掛けた地球の外側全体の空間になります。

私の考えはこの掲示板で始めから書いてる通りビッグバンも含め
今の宇宙論ってほんとなの?と懐疑的に感じている程度です。

「ビッグバンで宇宙が誕生した」

これのおかしい点は、空間と物質を一緒にしている点ではないでしょうかね。
ビッグバンがあったとしても産まれた物質は何もなかった空間に飛散するだけ。
空間の拡大を妨げるものは何もないので無限遠の空間はもともとあるもの。

つまり宇宙は今も昔も無限大。



Re: ビッグバンですね シッチー - 2017/05/05(Fri) 16:35 No.182  

きちさんの「172」でのコメントです。
 >さて134億年前の光ですが、光が出発したときに天体が134億光年離れていたわけわけではありません。
 >光が出発した時は134億÷12.1=約11億光年の距離でした。

>134億年の間に空間が123億光年膨張したので光は134億年掛けて地球にたどり着いたということです。
>従って光は134億年前のものですが、11億光年先の天体の姿を見ていることになります。

 ということですが、この本質はとても大事ですね。
  「ビッグバン理論」という暫定的な理屈で すべての科学を推し進めておりますが、インフレーション理論のように修正もはいるわけで。
 
 量子論でいえば、私の時代は「ディラックの海」が最新理論でした。今時は唱える人もいないでしょうねぇ。
  ただダークマター、ダークエネルギーとくると またぞろ脚光を・・・浴びないですね。

 「量子のもつれ理論」もよくわかりませんが、片方がどれほど遠方にあろうと・・・・・  って誰も見たわけではないし。
 
 どちらにしても、「ビッグバン」が起こるまでは宇宙は存在しなかった的なメチャは存続が厳しいでしょうね。
 ビッグバン時の空間からの(1円玉の穴)純粋エネルギーの吹き出しですべての物質が造られた。時間も空間も次元も造られた。  ????

 超光速で後ろ髪を引かれているといっても、勝手に空間の膨張が加速して超光速になっているわけではなくて、数値的な観測での話。
 空間の伸びの波を乗り越えながら というのは秀逸な表現ですね。
 沖合から岸に向かってくるサーフボードの全長がどんどん 伸びる:笑   乗りにくそうですが安定はしますよね きっと
  



Re: ビッグバンですね シッチー - 2017/06/10(Sat) 14:20 No.190  

「宇宙の起源」と検索しましたら、宇宙物理学の教授のページがありました。
 宇宙の果てが138億光年にあるそうです。

 近頃、このビッグバンということについて考えていますが、
  権威学者にも色々な考え方があるようですね。
  わかったようなわからないような説明が多いですね。
    まぁ誰も正解は立証できませんからね。
   



132億光年彼方の銀河に酸素 投稿者:きち 投稿日:2017/03/18(Sat) 00:08 No.176  

132億光年彼方の銀河に酸素と塵を検出。
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9004_a2744_yd4

ビッグバンで作られた原子は水素。
それより重い原子は恒星の核融合で造られ、
超新星爆発で宇宙空間に供給されたとされています。

宇宙誕生から5億年余りで酸素が存在するのは不思議ですね。




Re: 132億光年彼方の銀河に酸素 シッチー - 2017/05/04(Thu) 10:05 No.177  

今までの「ビッグバン理論」の修正がされるのではないでしょうかね。

 つまり「ビッグバン」以前にも無限に広がる宇宙があり、
「ビッグバン」も壮大で広いとはいえ、「ローカルルール」なんではないでしょうか。
  「ビッグバン」は「無理・無茶」な「暫定理論」なんではと考えています。
 これは「宇宙の果て」の問題なんでしょう。

 第一、直径2センチだったとか 原子の大きさからだとか言われるけれど じゃぁそれは「どこ?」にあったのか?
 もちろん、この理論によれば一見 整合性に沿うような部分が多いのも当然だと思います。
  そこからできた理論でしょうから。

 この世界は4次元ではなくて10次元だとか。
  残りの6次元分は 原子の大きさ以下の隙間の空間に押し込まれている  折りたたまれている? 
  私には 全く理解ができませんが、そうなると「ビッグバン」とは これらの次元に開いた「穴」だったかな?




 



Re: 132億光年彼方の銀河に酸素 減二 - 2017/05/04(Thu) 16:58 No.178  

皆さん、こんにちわ!!

前回のスレッドで、きちさんが赤方偏移に関して、
1(=2)の御記述でしたが、某教授のブログで、
1+1=2(数学の分野?)であるとしか考えられないとの
コメントが目立つようになりました。

時々この種のコメントが消されていますが、
何度もこのことに言及し、よほど気になったのか、
コメントを繰り返しているようです。

赤方偏移の計算はWikiで調べましたが、
わたしの知識の範疇にはない難しいものだと感じました。

16進法は時々わたしの分野でも出てきますが、
これ自体を計算したことはありません。

これもたぶん1+1=2にはならないと判断していますが、
数字を記号化すると計算方法が別になるということでしょうか。
一応知識として知っておきたいです。



Re: 132億光年彼方の銀河に酸素 きち - 2017/05/05(Fri) 06:48 No.179  

減二さん
赤方偏移が1というのは光の波長が二倍に伸びた状態ですね。
二倍なので2と表記したかったのですが便宜的に1(=2)と書いてます。

1で波長が二倍になることが前提なので、この場合2−1=1となることが前提です。
なので、1+1=2は正しいのですが、では2(=3)とか99(=100)が正確に成り立つのか?わかりません。

赤方偏移の計算はビッグバンで宇宙を1点に収束させるように出来ているので、
そもそもビッグバンが正しくなければそれに合わせて変更されると思います。



赤方偏移11.1 投稿者:きち 投稿日:2017/02/25(Sat) 21:33 No.143  

もっとも古い銀河
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/746_gnz11

この天体から光が出たときは地球は存在していなかったわけですが、宇宙が膨張してるとしたらもっと近いところにあった?
なぜ光が地球に到達するのに134億年も掛かったのでしょう?



Re: 赤方偏移11.1 シッチー - 2017/02/26(Sun) 21:54 No.145  

おそらく 後ろ髪を引かれたのですね:笑

 ビッグバンからの膨張が 初期にはよほどものすごかった
  のでしょうかねぇ。



Re: 赤方偏移11.1 きち - 2017/02/26(Sun) 22:14 No.146  

空間がどんなにすごく膨張して後ろを髪引かれても、
光は波長が伸びる(赤方偏移する)だけで速度は変わりません。



Re: 赤方偏移11.1 シッチー - 2017/02/26(Sun) 22:15 No.147  

太陽の中心で生まれた「光」が、表面に到達するまで
  場合によっては数百万年かかるとされるように、
  「ビッグバン「から「宇宙の晴れ渡り」までの間、途中の邪魔者が多くて、
 時間を費やしたのでしょうか?

 途方もない規模の話です。



Re: 赤方偏移11.1 きち - 2017/02/26(Sun) 22:17 No.148  

「宇宙の晴れ渡り」の宇宙背景放射は赤方偏移1089と桁違いの値です。
赤方偏移11.1は晴れた後の事象ですね。



Re: 赤方偏移11.1 大嶋 - 2017/02/27(Mon) 08:42 No.149  

う〜ん、難しい問題ですね。
ところで、光速度って媒質の中では変化しますよね。水中とか。
宇宙空間の中で光速度がどうなっているのか?ということについても研究されていると
思いますが、もし、想定よりも変動幅が大きかったら、観測の事象の解釈も変わって
きますよね?関係してないですかね?



Re: 赤方偏移11.1 きち - 2017/02/27(Mon) 12:58 No.150  

これ程の距離(空間の積み重ね)を真空と言い切れるのか?ですよね。
例えばニュートリノは物質と作用しにくいので、超新星爆発で光より先に観測されれば、光を遅くする要因が認められるわけですが、まだ測定誤差の範囲のようですね。
でも、何百億光年もの距離になると変動幅は、、??



Re: 赤方偏移11.1 きち - 2017/02/27(Mon) 21:06 No.151  

これ、光速度不変の法則に矛盾しない答えは一つしかないと思います。

「この天体は134億年前に134億光年離れたところにあった」
なんかあたりまえのような不思議なような!?

赤方偏移の値からこの光が134億年前のものとわかります。
光速度が不変だとすれば、天体から光が出発したときはすでに134億光年離れていたわけです。
また、ハッブルの法則から134億年の間に天体までの空間は328億光年に膨張したことがわかります。
光は328億光年の距離を波長を12倍に引き伸ばしながら134億年かけて地球に到達したことになります。

遠くにある天体ほど古い、従って遠ければ遠いほど過去に遡れます。
しかし、ビッグバン宇宙は一点から誕生したと言われます。

この二つは矛盾無く説明できるのでしょうか?
本当に宇宙はビッグバンから誕生した?不思議です・・



Re: 赤方偏移11.1 きち - 2017/02/28(Tue) 21:55 No.153  

そもそも赤方偏移の値から逆算しないといけないことに気づきました。
天体までの距離は328億の12分の1、19億光年強だったということなのでしょう。

では、赤方偏移1089の宇宙背景放射をこの考えに当てはめてみると・・

光は138億年前のもの、現在の距離は470億光年となります。
波長から逆算すると、光が出た時の距離は470億の1090分の1で4300万光年ほどになります。

光速度は不変じゃないんですね。



Re: 赤方偏移11.1 シッチー - 2017/03/04(Sat) 21:55 No.164  

お言葉ですが
  >光速度は不変じゃないんですね。

 この世界は相対論が生まれる前から存在していましたし、
 汽車は走っていました :笑

 しかし 今では相対論を適用しないと困ることも多いですね。
  その相対論を基準にする限り、光の速度は不偏でないと。

 ただその光が走る空間は不偏ではないでしょう。
 地図の上に定規を当てて簡単に線を引くような感じの空間構造ではないですね。

いろいろとパラドクスがあって面白いのですよね きちさん 



Re: 赤方偏移11.1 きち - 2017/03/04(Sat) 23:40 No.165  

では、お言葉をいただいたところで面白いパラドックスを一つ。
遠いものほど小さく見えるのは常識ですよね?

ところがビッグバン宇宙論ではこれが当てはまるのは赤方偏移の値が1(波長が2倍)までです。
それ以上の値になると、逆に遠ければ遠いほど大きく見えます。
例えば赤方偏移11.1の天体は、赤方偏移1の天体の4倍の視野角となります。

さて、このパラドックスわかりますか? シッチーさん



Re: 赤方偏移11.1 シッチー - 2017/03/07(Tue) 17:45 No.166  

うわっ  いつのまにか宿題が出ていました。
  しか〜〜〜も チョームズみたいな・・・

 きちさん>簡単じゃないから 振ってきましたね:笑
  赤方偏移の値が1以上だと大きく見える  というのは
   知りませんでした。
 まさか、観測者が「乱視」になったから? なんていうオチじゃ

 赤方偏移の値が「1」ということはZ=1という意味ですね。

 そうだとすると、求められるそこまでの距離は140億光年、
  つまりビッグバンを基準にした「宇宙の果て」論に近いですか。
 例の3K(労働条件ではない)1089が関係しますかね?

赤方偏移11.1という値は、うろ覚えですが 観測可能の一番遠い
 宇宙のことだったか?

ならば、その間のゾーンの天体から出た光は、ビッグバン以前に存在
していた天体からの光ということになりますか。

@まず考えられるのは、遠い天体ほど隣近所との見た目のまとまりが
大きくなって分解能を超えて ひとつの天体として観測される?

@赤方偏移の原因として、遠ざかる天体からの光はドップラー効果で
波長が引き伸ばされて観測される。
 あるいは 光がこちらへ向かう空間自体が引き伸ばされて波長の
 引き伸ばしが起こる。

 もしくは、観測対象の天体との間に強い重力場があって、赤方偏移が
 起こる。そしてその重力場による重力レンズの効果で観測する天体の
 面積が大きく観測される。

   ということで、最後のヤツでしょうか?



Re: 赤方偏移11.1 きち - 2017/03/10(Fri) 17:31 No.169  

このスレのおさらいで答えは一つです。

「赤方偏移の大きい天体ほど光が出発した時には近くにあったため大きく見える」



Re: 赤方偏移11.1 シッチー - 2017/03/11(Sat) 15:06 No.170  

私が数字の間違いをしていました。
 Z=1  波長が2倍の距離とされるのは 約75億光年。
 赤方偏移が11.09というのは 約140億光年ということですから
  その数字が正しければ、観測できるのはマイクロ波ということ
 になります。
 それでその天体の大きさが分解能として観測可能なのか?

視野角が4倍ならば、視野角という数字が その天体の直径を示す
 ものであれば、それほど遠方にありながら それだけの大きさの直径を有するということですね。

 地球の誕生がビッグバンの46億年跡と言われますから、
  しかし宇宙の膨張を考えますと 単純に地球誕生後94億年後の
光ではありませんね。
 一方で75億光年からの光との比較ですか?
  私には わかりません:笑



Re: 赤方偏移11.1 きち - 2017/03/12(Sun) 20:49 No.172  

たぶん、ここをきちんと整理すればわかると思います。

>赤方偏移が11.09というのは 約140億光年ということですから

私もアバウトにコメントしていたので会話が噛みあわなかったのかも知れません。
正確には宇宙年齢が138億年前後であると言われれていることから140億年前に光は存在しません。
一番先頭のリンクを見ていただければわかりますが赤方偏移11.1(=12.1)は134億年前の光です。

さて134億年前の光ですが、光が出発したときに天体が134億光年離れていたわけわけではありません。
光が出発した時は134億÷12.1=約11億光年の距離でした。

134億年の間に空間が123億光年膨張したので光は134億年掛けて地球にたどり着いたということです。
従って光は134億年前のものですが、11億光年先の天体の姿を見ていることになります。

> 一方で75億光年からの光との比較ですか?
  私には わかりません:笑

正しくは赤方偏移1(=2)の天体は約80億光年前の光です。
光が出発したときは80÷2=40で、約40億光年離れていました。
ここで初めて距離の比較ができます。約40億光年÷約11億光年、視野角で約4倍の差となります。

ここまでの考え方は算数の範囲内なので「私には わかりません:笑」ということは無いと思います。
ビッグバン宇宙論では空間の膨張はもっと大きく、面白いのはここからです。

134億年前の光は、実際には328億光年の道のりを超光速で134億年間で辿っています。
光はその時々の空間に対しては光速ですが、膨張する空間を乗り越える度に波長が引き伸ばされながら速くなり、見かけ上超光速となります。
同様に、80億年前の光は111億光年の道のりを超光速で辿った光です。そしてこれが現在の両者の位置関係となります。

これを理解いただけないとビッグバン宇宙論は成り立ちません。
・・って、私はビッグバン信者でもありませんが:笑



Re: 赤方偏移11.1 シッチー - 2017/03/14(Tue) 14:42 No.173  

きちさん>
 どうも私は頭が混乱して よく理解ができませんし、
  長くなりすぎると読みにくいので、別に 立てませんか?



Re: 赤方偏移11.1 きち - 2017/03/14(Tue) 15:27 No.174  

発展的なお考えがあればご遠慮なく続きのスレを立ててください。


田代峠 投稿者:シッチー 投稿日:2017/03/07(Tue) 18:02 No.167  
ムーの3月号に書いてあったUFOとの関連ですが、初めて知りました。
 面白いですねぇ。 高橋コウさんという方の話で昭和50年ですかね。

 日本にもナチスの基地があったとか、秋水:ロケット式の特攻機ですね があったとか。
岩に三菱何某エンジンのプレートが張り付いていた?
 私は否定的なのですが、巡洋艦エルドリッジを彷彿とさせます。

ゼロ磁場と言われる分杭峠、人形峠のウラニウム、そしてこの田代峠
 「峠」という響きにロマンを感じます。
黄泉の国との境「黄泉平坂」だって「峠」なのでしょうかね。

 峠の両側から登ってきた物体がここですれ違い、運動の方向は
同じ
なのに両社の位置関係が逆転する。
このところ考え続けている「相対論」においてもこの意味は重要です。

 また精神的な「気」ということを念頭においても、「境界」という
意味付けで重要だと思います。

皆さんは どのように思われますか?



Re: 田代峠 シッチー - 2017/03/10(Fri) 13:03 No.168  

さてこの「峠」ですが、物理的な「峠」であると同時に精神世界でも
「峠」であるのではないでしょうか?

 そのさいたるものが 高い場所にある神社の階段です。
  どうして高い場所にある必要があるのか?

 私は 峠の最高地点が「神社」であり、それを乗り越えていくと
あちらの別の世界に行く というこちらと あちらの世界の「取り決め」
なのでしょうか。



未来の技術 投稿者:減二 投稿日:2017/03/01(Wed) 12:03 No.154  
UFO版から移動しました。
取り敢えず、本文のコピーを貼らせていただきます。

太陽光発電について某教授にコメントしたいのですが、
専門分野に関することを素人が述べては不愉快かもしれないと思い、ここで取り敢えず、私の太陽光発電に関する疑問を、
シッチーさんをはじめ、どなたかお判りになる方に、
何らかのご回答、コメントを頂きたく、
コメント致しますことを、お許し頂けましたら幸いです。

私の疑問;
太陽光発電は一般家庭では、通常広い面積で設置されています。
小学生のころ、虫眼鏡を使って紙が焦げる実験がありましたが、
太陽光発電の機器の面積を最小にして(凝縮して)さらにエネルギーを倍にするという事は不可能でしょうか。



Re: 未来の技術 大嶋 - 2017/03/01(Wed) 12:51 No.155  

滅二さん こんにちは

太陽光発電について昔調べたことがありますが、色々なやり方で研究されていますね。
面積の問題では、構造的に光を多く集める方式があったと記憶しています。
球形のレンズを一杯並べるようなかんじでした。
wikipediaに一般的なサマリーが載っていたので読みました。そこにこの方式の説明も
あったと記憶しています。




Re: 未来の技術 きち - 2017/03/01(Wed) 14:19 No.156  

減二さん、ご協力ありがとうございます。

光を集める件ですが、考え方だけ書きますと、
虫メガネの原理で光を集めた場合、太陽電池パネルは小さくできますが、レンズの面積は元のパネルと同じ大きさになります。
エネルギーを倍にするにはレンズの面積を元のパネルの倍にする必要があります。
それではメリットがないので、大嶋さんが書かれている球体レンズを使って集光面積を大きくしながら実装面積を抑えるような工夫が考えられます。



Re: 未来の技術 シッチー - 2017/03/02(Thu) 20:00 No.157  

すいません、出かけておりました。

 太陽光発電は代表的な再生可能エネルギーのように言われます。
 ただし実際の発電した電気の買取価格の問題は大きいようで、
発電までのイニシアルコストが採算に見合うかどうか? 課題です。
 採算が取れるためには、発電量 つまり現在は供する面積に
よるようです。
 しかしこれは同時に クリーンエネルギーには本末転倒の環境破壊
が大きな問題になりつつあるようです。

発電効率の問題もあります。現在の素子を対象にすると、頑張ってみても限界はあるようで、まったく新しい考え方による発電素子の登場が待たれます。
 素材自体が固体と流体の間に位置するアモルファスなどが期待されていますが、実用化には時間がかかりそうです。

 そういう意味では 素子の立体的な配置やコストが安くて光や熱による劣化を受けにくいレンズの材料は有望でしょう。

 私が知っているのはこのくらいで、あまりお役には立てないかもしれません。



Re: 未来の技術 きち - 2017/03/02(Thu) 21:46 No.159  

もう一つのクリーンエネルギー風力発電・・



Re: 未来の技術 きち - 2017/03/02(Thu) 21:49 No.160  

定格出力1950KWなので日本の全契約電力(10億KW)を賄うには、
51万3千機を常時稼働すれば可能ですね。
やる気になればできないことはなさそうですが。

電力需要実績
http://www.fepc.or.jp/library/data/demand/



Re: 未来の技術 シッチー - 2017/03/03(Fri) 11:43 No.161  

流石に きちさん>
  本日は この風力発電を書かせていただこうと
     先を越されましたぜ:笑

これからは故障発生率や低周波振動の面からも、期待されている
 「ボルテックス方式」の風力発電でしょうか。



Re: 未来の技術 きち - 2017/03/03(Fri) 11:51 No.162  

ボルテックスは国土の狭い日本では特に有望だと思います。


Re: 未来の技術 減二 - 2017/03/04(Sat) 18:09 No.163  

大嶋さん、きちさん、シッチーさん、ありがとうございます。
様々に考えていてお礼が遅れました。
皆様のご意見をもとに自分でも調べてみようとおもいます。
何をどのように考えていいのか解らない状態だったので、参考になります。
どうしても分からなければまた、質問をさせていただくかも知れません。球形のレンズや、環境破壊等、様々な課題がありそうですね。風車は音量や振動の問題のようです。
故郷では祖父が私が生まれる前、水車をつくった事がありましたが、今考えると自家発電のためだったようですね。オランダの風車や、昔のものは懐かしいような気がします。
電気の技術は過渡期にあるようで、今後、本当のクリーンになって欲しいです。

[直接移動] [1] [2] [3]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -