光のマジック
glay_walk2.gifワシントンUFOのマジック《01.7.30》

光のマジックシリーズは、UFOとしての証拠が不十分な画像を紹介するものです。
UFO全般を否定するものではありません。


1952年7月・・10日、13日、14日とワシントン上空でパイロットがナゾの光体を目撃。
ついに19日にはレーダーに捕らえられ、ジェット機が追跡するという事態に・・

そして、これが19日の夜に撮られたという写真です。

Wasinton.JPG

確かに編隊を組む光体が捉えられています。
しかし、夜に議事堂がこれほど明るく写るには長時間の露光が必要です。
その間、UFOは静止していたことになります。
もしこれが事実であれば、多くの人に目撃されたことでしょう・・
UFO騒動には必ず登場するワシントン追跡事件に、それとふさわしい写真・・

実は、この写真は、UFOを写したものではなく、ライトアップされた議事堂を写したものです。
そして、光体の部分をトリミングして紹介されてきました。

元の写真には、光体の正体が写されていました。

Wufo_1.JPG

それは・・議事堂手前の街頭です。
良く見ると、この配列は妙にUFOと似ている気がします。
そしてUFO部分を180度反転すると・・

     Wufo_2.JPG

中央の二つのずれた光体と、二つのずれた街頭の相似に注意してください。

つまりこのUFOは、180度反転した街頭のようなのです。
そこで、各光の点を直線で結ぶと・・

Wufo_3.JPG

なんと一点を結び上下対象に位置しています。
これは、レンズのゴーストで説明できる光のマジックです。


kiti30g.gifhttp://kiti.main.jp/